中古マンションへの投資で成功を掴みとる|投資の成功者になるヒント

セミナーのコンサルタント

スーツの人達

個人的に不動産投資を成功させたならば、その経験とノウハウを活かして不動産投資セミナーを開催することができます。そのための集客や会場手配、講師の派遣などを行う代行業者を利用すると便利です。自身は資料を用意するだけで労力は不要となります。

もっと見る

新しい土地で暮らすために

スーツの女性

新しい土地で暮らすためには、住居選びが重要になります。もし、そのために家賃相場を知りたいのならば、専用の情報サービスを利用してみると良いでしょう。スムーズに求めているタイプの物件の家賃相場を知ることができて便利です。

もっと見る

大家さんになるには

背広の男女

サブリース契約とは、アパートやマンションなどの物件を一括で借り上げてもらい家賃保証まである契約のことです。一見すると、大家になる人に有利な面ばかりが強調されているサブリース契約ですが、家賃相場などは事前に調べておくといいでしょう。

もっと見る

市場の変化を読み取ろう

マンション

経済環境が変化しています

銀行や信用金庫が収益向上しています。これは、中央銀行によるマイナス金利政策が大きく影響しています。マイナス金利政策により貸出金利がどんどんと下がっているのです。少し前までは、優良企業でも貸出金利は2%から3%が当たり前でした。それが最近では1%を切っているところも珍しくありません。この現象は不動産投資にも及んでいます。個人投資家が中古マンションなどを購入して不動産投資をするためにローンを組もうとすると、その金利は3%から4%が平均的でしたが、今では1%前半で借りることができるケースもあります。金利が下がっているだけではありません。多くの金融機関で、融資の審査基準が少しずつ緩んできているのです。

目的が変わってきています

これは利幅が取れない分、貸出の量で収益をカバーしようとしているからです。サラリーマンやOLでも中古マンションを購入して不動産投資をしている人が珍しくなくなってきました。年収300万円台や400万円台でも中古マンションを持っている人はかなりいます。老後のために副収入を作ろうとしている若い世代のニーズと審査基準を緩くしてでも貸出量を増やしたいと考えている金融機関のニーズが合致しているのです。以前は不動産投資というと転売が目的でしたが、最近行われている不動産投資は長期にわたる安定収入の確保が目的となっています。そのため、投資用の中古マンションはどんどん出回らなくなり、価格が少しずつ上がってきています。