期待感とドキドキ感でリフレッシュ!人気のメンズエステを解説

風俗と非風俗の違い

明確なボーダーライン

メンズエステの風俗、非風俗の境界は性的サービスが含まれているかいないかにあります。
どちらも男性客は受け身であり、手を出してはいけないことになっています。
「当店は風俗店ではありません」という張り紙などがしてあれば性的サービスのないメンズエステではありますが、わざわざ表示してあることが「店としては」そのようなサービスを行っていませんという言い訳のようだ。という指摘も散見されます。とはいえ、実際に起こるハプニングはあくまでもイレギュラーであり、期待はしても強要はいけません。これは明らかに非風俗メンズエステ店です。

料金システム、施術者の紹介などホームページ上でのレイアウトは、非常に似ているそうですが、一番紛らわしいのは施術者の服装でしょう。

癒しの空間

メンズエステはリラクゼーションを目的とし、単なるマッサージだけでなくコミュニケーションを楽しめるように、施術時間も長めに設定されています。
また、女性とのスキンシップをウリにしており、男性を喜ばせるために露出の多いセクシーな服装で、密着するような姿勢で施術することが多いようです。
性的サービスは施されませんが、その期待感があらゆる点で生まれるところが悩ましいところです。
性的サービスは望まないが、ドキドキ感が欲しいという方にとって最高の癒しとなるのでしょう。
そしてこのことがまた、性的サービスのイレギュラーを期待する方にとっても、良いリフレッシュ効果を生むと考えられます。
このドキドキ感、期待感がメンズエステが人気となる大きな要素ではないでしょうか。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ